So-net無料ブログ作成
検索選択

水の都大江戸クルーズ①小名木閘門


IMG_3257.JPG

日本橋から出発する江戸の水路のクルーズに参加してみた。
  クリックすると地図が表示されます。
IMG_3289.JPG
広い隅田川から小名木川にはいる。ここは江戸時代に作られた千葉県の行徳から江戸に塩を運ぶルートで、荒川隅田川を結ぶ一直線の水路だ。

大横川を横切って橋を一つくぐると扇橋閘門(こうもん)が見えて来る。ここから先は高度成長期の工場用水の汲み上げによる地盤沈下でいわゆる0m地帯と言われるところだ。川が増水した時0メートル地帯に浸水しないように川の水面の高さを調節するために1976年にこの閘門は作られた。


閘門の仕組みは、パナマ運河と同じ方式。
閘門の前扉を船がくぐると扉を閉め、水を抜いて水位を下げる。後扉を開けて船は水位の低い川に移動する。
帰りはその反対。後扉を開けて船が入り扉を閉める。水を入れて水位を上げる。前扉を開けて水位の高い川へ移動する。

l_kf_tokyo_02.jpg


ガイドさんが「閘門に入る時と出る時、上から水が垂れるのでこの傘をさしてください」といってビニール傘を貸してくれた。確かに扉をくぐるときぼたぼたっと水が落ちてきた。

閘門の中の壁に黒い給水排水パイプがずらっと並んでいる。水を抜いているときはあまり変化を感じなかったが、今まで水につかっていた濡れた壁の部分が増えていくことと、いろいろな水位が書き込まれている壁の水位パネルで、今船は0メートルより低い水面に浮いていることがわかった。
復路での閘門に水を入れていく時はよくわかった。黒い給水排水パイプから水が出て来るのだが、前扉の方から泡立ちはじめ次第に閘門の中の水が沸き立つようになってしばらくすると給水完了で前扉が開いた。
なかなか面白い体験だった。実はカヌーやボートでも閘門体験ができるそうだ。多分やらないと思うが。

ひな人形 [日本いろいろ]

30年余り前のひな人形、十五人飾りだ。顔も古典的。IMG_4256.JPG
IMG_4261.JPG
最近は住居や考え方の変化で小ぶりのものが流行っているという。顔も目がぱっちりしたものが好まれた時期もあった。
ひな祭りの始まりは平安時代には人形に厄を移して川に流す「流し雛(ながしびな)」だといわれる。 江戸時代くらいからお人形に厄払いや御守りの意味をこめて飾るようになった。女の子が幸せな家庭を作るように、お雛様の姿は宮中の結婚式をかたどっていて、一番上の男女の雛人形のことを内裏様つまり宮中の人(天皇、皇后)と呼ぶ。

義母が作った木目込み人形のひな人形
IMG_4393.JPG
かわいくて圧迫感がないせいか、2歳の孫はこちらにのほうに親しみを持ったようだ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。